この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

23

愛野進

カイ「今回レイデンフォートの男性陣が滅茶苦茶に言われてたけど、我慢ならないな!」
ダリル「その通りだ! 俺は決してヘタレではない!」
ゼノ「俺は……なんでもない」
カイ「どうした親父!?」
ゼノ「いや、ここで下手なことを言えば、俺はセラに何をされるか……!((((;゚Д゚))))」
カイ「か、母さんってそんな怖かったっけ……」
ダリル「ゼノ様が完全に尻に敷かれているだと……!? 恐ろしいな、女性とは一体なんなんだ」
カイ「最早化け物なんじゃね?」
ゼノ「カイ、よせ! 今すぐその言葉を取り消――」
イデア「カイ、わたし、化け物なのかなー……」
カイ「ひっ、い、イデア!?」
セラ「その言い方だと私も化け物みたいねー……」
カイ「か、母さん!?」
ゼノ「遅かったか……」
イデア「カイ、少しおはなししよっか?」
セラ「私も混ぜてくれると嬉しいわね」
カイ「す、すいませんでしたあああああああ泣」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ