この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

23

愛野進

カイ「イデアって怒るとあーなるのな」
イデア「どんな感じだった?自分じゃよく分かんなくて」
カイ「んー、なんて言うんだろ。……駄々っ子みたいな?」
イデア「それけなしてるよね」
カイ「いっつもおしとやかな分、少し驚いたけどあれはあれで有りだぜ!」
イデア「……今度からカイにも敬語にしようかな」
カイ「え、それはやめて!?おれ結構それ嬉しかったんだけど!」
イデア「まぁ勝手にそうなっちゃうんだけどね」
カイ「なんか凄い特別って感じがするからそのままでお願いします」
イデア「でも、カイって大して私と他の人を区別してないよね。あんまり特別って感じしないよ」
カイ「え!?イデアには特別に接しているつもりなんだけど!」
イデア「でもそこがカイの良いところなのかな。誰にでも平等に接する事が出来るってことだし」
カイ「イデア……!」
エイラ「ここでイチャつくのやめてもらっていいですか」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ