この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

25

愛野進

エイラ「はい、私攫われちゃいました。いわゆるマ〇オでいうピーチのポジションですね。早く助けに来てくださいよ」
カイ「助けを待つ奴の態度じゃないな。ていうか攫われたというより自分から向かっただろ。そんなピーチ今までいねぇよ」
イデア「マ〇オは伏せるのにピーチは伏せないんだね……」
ゼノ「自分から進んでクッパの元へ行くピーチってだいぶストーリー凝ってるな」
カイ「今度、そういうゲーム出ないかなー。絶対買うのに」
エイラ「私の件を無視しないでくれませんか?」
カイ「いやだって、ねぇ?」
ゼノ「ああ、自分の意志で行ったわけだし……。助けなくてよくね?」
カイ「そうなんだよな。暇を取るってちゃんと断ってくれてるし」
エイラ「本編との差あり過ぎません?」
イデア「二人とも本編がシリアスだからここではシリアス引きずらないようにしないと!っていうつもりらしいですよ」
カイ・ゼノ「それ言っちゃ駄目だろ!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ