この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

20

愛野進

ゼノ「手加減して戦うのも楽じゃないな」
カイ「とか言って本当は結構ガチだったんじゃねぇの?」
ゼノ「ぬかせ、おまえにガチになることなんておそらく一生涯ないだろう」
カイ「一生涯は言い過ぎだろ! あんたが老いりゃ流石にガチになるだろ!」
ゼノ「ふん、俺に老いなんてものはない」
カイ「人間だよね!?」
セラ「ですが、ゼノはもう四十代ですけど見た目も全然若いですよね」
ゼノ「そりゃあ若さの秘訣があるからな!」
セラ「なんですか?」
ゼノ「近くに美しくて可愛い妻を置いておくことさ!相乗効果で俺も若返るんだなこれが!」
カイ「どういう相乗効果だよ!」
セラ「……」
カイ「母さんも顔真っ赤にして照れてないでよ!」
セラ「て、照れてないわ」
ゼノ「そういう純粋なところが可愛いよな」
カイ「息子のおれに同意を求めてくんなよ!……確かに母さんは綺麗だけど」
セラ「二人そろってやめてください!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ