この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

20

愛野進

エイラ「私の命が懸かってるのに随分コメディテイストじゃありませんか?」
カイ「おいおい、そんな薄情な男じゃないぜおれは(棒読み)」
イデア「わたし《は》ちゃんとエイラのことを想ってますよ」
カイ「すげぇ『は』を強調したな……」
エイラ「イデア様の気持ち《は》ちゃんと伝わっておりますのでご安心を」
カイ「お前らさっきからおれは駄目って言ってるだろ!?」
イデア「だって棒読みだったし……」
エイラ「カイ様ですからね……」
カイ「エイラのに関しちゃどう足掻いても治しようがねぇじゃねえか……」
エイラ「そんなことより遂に魔界へ来ちゃいましたね!ようこそ魔界へ!」
カイ「エイラに案内してもらえれば楽だったのになー」
エイラ「……て言っても実は私魔界ほぼ初めてなので」
カイ「何で!?」
エイラ「それはまた後日お教えしましょう!それでは!」
イデア「また来週!」
カイ「来週まで更新サボる気なの!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ