この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

22

愛野進

イデア「……はぁ」
カイ「どうした、ため息なんかついて」
イデア「……言ってもカイにわたしの気持ちなんて分かんないよ」
カイ「いやいや、分かるよ。だっておれ達、夫婦なんだぜ?」
イデア「……じゃあ言うけど」
カイ「どんとこい!」
イデア「いっつもカイのセリフが多くてわたしセリフ少ない」
カイ「……」
イデア「分かってくれた?わたしの気持ち」
カイ「……(何か軽々しく分かったって言っちゃいけない気がする!ていうか、おれがそれを言っちゃいけない気がする!)」
イデア「カイが主人公だからっていうのは分かるんだけどね、でもわたしだってもっとセリフ多くていいと思うの。ヒロインなのに……」
カイ「……(何て言葉を返せば―――)」
イデア「カイ、聞いてるの!?」
カイ「き、聞いてる聞いてる!」
イデア「……はぁ、やっぱカイに言っても分かんないよね」
カイ「今回に限ってはなんも言えないっす……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ