この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

21

愛野進

セラ「今回でシェーンも登場出来ましたね」
シェーン「ですが、アイコンがセラ様と同じというのは申し訳が……。枠の色でしか判断つきませんし」
セラ「私は構いませんよ。私達の仲じゃないですか!」
ゼノ「……やっぱセラはシェーンには優しいな。でも本編見たら分かるけどセラは俺には厳しいよな」
セラ「え、そんなつもりありませんよ?」
ゼノ「じゃあシェーンに怒鳴ったことあるか?」
セラ「……」
ゼノ「ほらな」
セラ「で、でもそれはゼノだからです!ゼ、ゼノを愛してるからこそですぅ!」
ゼノ「っ!そ、その不意打ちはずるいぞ!」
シェーン「くっ、こんな男にセラ様が口説き落とされたなんて!一生の不覚だ……!」
ゼノ「口説いた覚えはない!」
セラ「私が勝手に好きになっちゃったんですものね……///」
ゼノ「セラ……」
シェーン「……羨ましい!」
ゼノ「そこからくる感情だったの!?主が取られたとかじゃなく!?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ