この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

23

愛野進

エイラ「聞いてくださいよゼノ~、ベグリフが酷いんですよ~」
ゼノ「お、おう、どうしたいきなり。ていうか酔ってないか?」
エイラ「酔ってないでふよ~」
ゼノ「いや、普段のエイラ『でふ』とか言わないから。相当酔ってるな、珍しい」
セラ「エイラもストレスが溜まってるんですよ、聞いてあげましょう」
エイラ「セラ様も一杯いかがです~?ていうか飲んでくださいっ!」
セラ「いや、あの、私お酒は……きゃあ!」
ゼノ「おいぃ!セラは酒が弱いんだからやめ――」
セラ「ゼ~ノ~、お姫様抱っこしてほしいです~」
ゼノ「酔いの回りが予想以上に早すぎる……!」
エイラ「ほらほら、ゼノも一杯ぐいっと!」
ゼノ「いや、あの俺これから公務あるし!今日はこの辺で――」
エイラ「逃がしませんよ~?」
セラ「ゼ~ノ~、早く~!」
ゼノ「……あぁもう!分かったよ!とことん付き合ってやらぁ!」(その後、無事に全員意識失いました)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ