この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

23

愛野進

~幼少時の話~
カイ(四歳)「いただきます!」
ミーア(二歳)「いたっきます!」
セラ「二人共ちゃんと食べるのよ」
ミーア「いたっきます!」
カイ「あ、こら!それ俺のハンバーグだろ!」
ミーア「いたっきます!」
カイ「それは俺のごはん!」
ミーア「いたっきます!」
カイ「もういただかないでー!( ノД`)」
セラ「ミ、ミーア、ちゃんと食べ過ぎよ……」
ゼノ「カイ、既におまえは妹になめられているというのか……てあれ!?俺のハンバーグは!?」
デイナ(七歳)「誰か間違って食べたんじゃないのー?(´~`)モグモグ」
ゼノ「……デイナ、ソースが口元についてるぞ(^-^)」
デイナ「え、嘘!?」
ゼノ「嘘だよ!やっぱりおまえかー!」
ライナス(十一歳)「……うるさいな」
セラ「いつものことだけれど本当に賑やかよね……って、あれ、私のハンバーグは?」
ライナス「……(´~`)」
~幼少時の話~ 完

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ