この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

12

愛野進

カイ「おい、遂に親父とアイコン全く一緒になったんだけど」
イデア「今までは左右の向きだったりでどうにか違いを出してたのにね」
ゼノ「なんでもカイが出てないタイミングでそれやっても無駄じゃね?って考えだそうだ。俺は全面的に賛成だけどな」
カイ「作者の野郎、またサボりやがったのか……」
イデア「最近作者への当たり冷たいね、皆」
カイ「仕方ないのさ。考えてもみろよ、この俺達の作者への罵倒を打ってるのも作者なんだぜ? つまり、作者はどうしようもないとんだドM野郎だってことさ」
イデア「それ言っちゃうんだ……」
ゼノ「だから、カイもドMなんだろうなぁ」
カイ「誰がドMだって!?」
ゼノ「だってほら、エイラの罵倒でいつも喜んでるだろ」
カイ「誰が喜んでるか!」
ゼノ「試しにイデアちゃん、カイを罵倒してみなよ」
イデア「……カイのバーカ」
カイ「(´艸`*)」
ゼノ「イデアちゃん、それは何か違う……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ