この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

65

碕祀梨

碕です。
作者の高校の頃の恩師の一人の方で自分の生徒さんと結婚してお子さんもいた方いました。
それを知った途端、作者の中でその先生の株がどーんと上がりました(現金)。
作者の春はどこで散歩しているのか。
なぜ私自ら春を迎えに行かなければならないんでしょうね。いやはや不服なり。
3話、読んでくださってありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ