この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

鴻ノ木悠里

ここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。
考え症な彼の伝えたいことが、伝わるかどうか。
誰か一人にでも伝われば、それでいいと思います。
あるいは伝わらなくても。
p.s.
彼と彼女が過去に経験したあれこれのうち、思考ゲームよりなものを別作品にすることにしました。
『二人の忌言葉』の方も、お暇な方は読んで頂けると、幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ