この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

ゆうま

それは誰のための言葉?僕がそう問うと友里さんはまた困ったように笑った。―――いや、僕が笑わせた。友里さんにはいつだって困ったように笑っていてほしかったから。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ