この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

ゆうま

私の演奏を聞いて入部を決めたことも知っている。だけど安藤さんはいつも見ているだけだったね。それが幻想だと知りながら。
私の音をちゃんと聞いてくれてありがとう。呪いが解けたから余計陳腐な音でごめんね。でも楽しそうで良かった。ありがとう。さようなら。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ