この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

ゆうま

なにに対しての思いなのか知って、俺は自分が分かっていたことが正しかったと知った。
後悔が多いべきである人生を送っていることにのみ、彼女は後悔をしていたのだ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ