この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

ゆうま

閲覧ありがとうございます。
ノートの話は僕の実話を小峰節で書いたものです。貸してもらったのにお礼の一言も言えないなんて、本当に有り得ないです。相手には怒れなかったけど、僕は本当におこでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ