この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

ゆうま

「ねぇ、陽が求めていたエンディングってなんだったんだろう。お父さんは知ってる?」
ベッドの上で色々な線に繋がれて動かない、喋らないお父さんに語りかけた
多分誰も知らない。そのエンディングを迎えられたのかすら、誰も知らない。――――10年経った今も、誰も知らない

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ