この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

ゆうま

自分がしたことを後悔なんてしていない。ただ、あの家に入ったことを後悔している。
それは少女が望んだ結末のせいではない。
娘の友達になる人物だったからだ。人付き合いが苦手な娘の「ただの友人」だったからだ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ