この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

427

大松雪草

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!
一つ、言い訳をさせて下さい。本当は、キスするのはもっと先だったんです。もっと焦らす予定だったし、キスにいくまで色々な展開を考えていたんです。アキくんもそれを承知だったと思います。でも、気付いたらアキくんが勝手にしてたんです。私は聞きました。なぜ勝手にそんなことをしたのか、と。すると彼はこう言いました。「やっぱ無理」。
いつもおススメありがとうございます!とても励みになります!

この作品が気に入ったら読者になろう!