この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

六道翔

この小説の灰崎高校編をかいていたのに、こっちの方が進むから、まずこっちから。
でもね?清水くん、まだキミの設定を決めてないよ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ