BEST 紅いホワイトデー

♡ 6

第1話から読む

バレンタインデーの放課後、君は一人で泣いていた。いつもは意地っ張りで素直じゃない君が嗚咽を漏らして泣いていた。それはなにも知らない僕にも分かるくらい、温かくて優しくて、哀しい涙。何もない日に告白なんて出来ないから、男にとって大切なこの日に僕の、君への想いを贈ります。どうか、受け取って。