この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

峰岸ゆう

この物語は最初から最後までこのように不思議なテイストで仕上がっております。
たまに読む方、一気に読む方、スタイルは様々ですが、辛抱強く、読んでいただけると幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ