この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

坂利佐紀

「巣に獲物がかかってくるのを今か今かと待ち構える、腹を空かせた蜘蛛のよう」という表現、考えている時はなかなか楽しかったです。こういった「表現の仕方」について考えるようになったのはつい最近の事で、今回の話より以前のものは、こういった表現をあまり用いていません。
さて、本作品をここまで書き終えてなんですが、まあ新世代ミステリー賞の賞には入らないと思っています。間違いなく、入選すらしないでしょう。改めて読むと、自分の書く文章は未熟なのがはっきりとわかりますし……それ以前に、おそらく締め切りには間に合いそうもないです。
かといって、諦めるという考えはありません。間に合うように努力はしていきますし、もし間に合わなかったとしても完成までしっかりこぎつけるつもりです。
この作品を完成させるかさせないかで、自分の中の何かが大きく変わる気がしています。
どうか、応援の程、よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ