BEST 岸に寄せる夢 -新選組彼此異譚-

佐倉有希

♡ 12

第1話から読む

徳永壮治郎は高校三年生。仲間より一足先に推薦で大学受験を乗り切り、悠々自適に最後の高校生活を満喫していた。学校に、アルバイトにと日々を過ごしながら、来年からの新生活への期待に胸を膨らませる。だが、ひとつ気になることがあった。それは近頃よく見るようになった夢のことだった。浅葱色の羽織。新選組だった。