この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

9

椿媛菜子

読んでいただき、ありがとうございます。
私がこのエッセイを書き始めた理由のひとつがこの見積もりに関することだったので、長いですが少しでもお役に立てれば幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ