この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

9

空色ピエロ

どうもです。空色ピエロ改め、ここでは綴文です。誠です。
名前が言いにくい? ……それはごめんなさい。でもでも、先輩かわいいでしょ? もう自慢したくてしょうがなくて。
これからかわいい先輩を書いていこうと思うんです。もちろん文芸部には他の部員も在籍していますので、そのうち出てくる可能性が高いですね。
いや……言いたいことはわかります。ちゃんと物語を自分で想像して書けって言葉はごもっともです。しかし! 俺はあのかわいい先輩を書きたかったんですよ。どうしても!
はぁ……いつか叶歌先輩って呼びたい……(願望)
みなさんにも、きっとかわいい詠姫先輩の魅力が届くはず! 先輩の魅力を書いてみせる!
それでは、また次回で会いましょう☆

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ