この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

6

細木あすか

あすか「こんにちはーー。お読みいただきありがとうございます」
綾乃先生「今年の筆記試験は不合格者が多かったです」
あすか「姫が作ったんですよね」
綾乃先生「そうです。彩華姫に作成を頼みました。まさか、あんなに生徒の隙をついた問題を作ってくるなんて」
あすか「さすがに難しすぎたんですかね」
綾乃先生「いえ、脱帽だわ。彩華姫は教師の才能がおありです」
あすか「まさかの」
綾乃先生「試験は落とすためのものですもの」
あすか「さらりとすごいことを……」
綾乃先生「スカウトする方法を一緒に考えてください」
あすか「え……。あぁ、ユキを使えば一発かと」
綾乃先生「なんと!天野さんに頼んできます」
綾乃先生、光の速さで立ち去る。
あすか「本気だ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ