この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

細木あすか

あすか「今回もお読みいただきありがとうございます」
ユキ「ねぇ、聞いて」
あすか「どうしたの、急に真剣な声出して」
ユキ「あのさ……」
あすか「うん」
ユキ「私って、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群でしょ。欠点ない気がする」
あすか「…………自慢かい」
ユキ「いやいや、なんていうかさ、欠点あった方がモテるって本に書いてあったわけよ。私、欠点ないからモテ対象じゃないのかな、と」
あすか「……もしかして、皇帝の本?」
ユキ「え、なんでわかったの?」
あすか「だって皇帝、変な本ばかり持ってんだもん」
ユキ「はぁ、この美貌は持ち腐れか」
あすか「え、モテたいの?」
ユキ「違う。誰でもいいからクッキーもらいたいの」
あすか「……(花より団子!)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ