この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

細木あすか

あすか「はい、こんにちは。今回もつたない文章をお読みいただきありがとうございます」
ユキ「はあ、本積みたのしかったなぁ」
あすか「どっちが勝ったの?」
ユキ「そんなの、俺に決まってんじゃん」
あすか「ですよね」
ユキ「こうちゃん八冊、俺十七冊。勝負にもならないよ」
あすか「でも、皇帝が、ユキが薄い本しか積まないし魔法使うから不正だって言ってたよ」
ユキ「そしたら、こうちゃんだって平らなところに積んでたし、あれじゃいくらでも積めちゃうよ」
あすか「……(レベルが一緒!)」
ユキ「次は今宮さんと姫も加えてやろうかな」
あすか「楽しそうだから、そのときは呼んでくれ」
ユキ「オッケー」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ