この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

細木あすか

あすか「お読みいただきありがとうございます」
ゆり恵「聞いてきてくれた?まさか忘れてないでしょうね」
あすか「なんだっけ~」
ゆり恵「ユキ君のこと……」
ユキ「呼んだ?」
ゆり恵「!?」
あすか「めんどいから本人連れてきてみた」
ゆり恵「(早くそれを言ってよ!心の準備が!)」
ユキ「どうしたの?顔色が良くないよ」
ゆり恵「あ、平気……」
あすか「なんかねー、ユキの」
ゆり恵「ユキ君今日は良い天気ね!」
あすか「(えー)」
ユキ「そうだ、これから散歩に行くんだけどどうかな」
あすか「いいねえ。私も行」
ゆり恵、あすかをすごい顔でにらむ。
あすか「……私用事アルワ」
ゆり恵「私は行く!行きましょう、ユキ君」
ユキ「二人っきりだと、なんだかデートみたい」
ゆり恵「そそ、そうね(このまま成仏できるうう)」
ユキ「はぐれないように手繋ごうか」
ゆり恵、失神。
あすか「……はあ。散歩行きてぇ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ