BEST 伏姫

黄鱗きいろ

♡ 3

第1話から読む

昭和初期。母と死別した士族の少年は、新しい母様に懐けないでいた。そんな折、屋敷で同居していた女学生に「姉様」と呼ぶように言われて――
「いいよ、お前にも姉様をやるよ。はんぶんこだ」
「君は今日から、犬畜生の息子ということだ」
おねえちゃんと少年ばかりが出てくる短編集です。