この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

101

嵩戸はゆ

付き合っても狼さんが暴走して大変だね。理央くん。
自分としては色々と書きたかった、好きなにおいのことを美琴さんに伝えるとか、好きな顔のことを理央に言うとか、その辺りを書けて満足です。
その辺を詰め込んだから長くなっちゃったんですけどね。
この回で終われるかと思ってたのに、次まで続いた上に次も長いし……。
番外編ですか!ありがたいお言葉。
書けるかな。
一旦は完結して書けたらお届けします。
-
というわけで次で完結予定です。
これも明朝に出します!!
終わるのを寂しがっていただけて嬉しいです。
書き続けると理央に苦行を強いることになって、そろそろそっとしといてあげたくなるのです。
ずっと甘々にはさせておけない自分のやさぐれぶりを感じます(笑)
-
-
結局このお話ばっかりでした。
他のお話、放置ですみません。
それなのにチャレンジ企画にも手を出したくなったり……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?