この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

花ミズキ重

かさぬです。3年目の桜のお話はこれでおしまいです。何でも美味しそうに食べるひとは、一緒に食事すると気持ち良いと感じますが、誰にでも多少の好き嫌いはあるものでございます。どうしても食べられないものを出された時「ちょっと体に合わないので、ごめんなさい」と申し訳なさそうにアレルギーのフリをして、後で「実は苦手なだけなんだ」とカミングアウトする展開、嘘つきでもスマートな感じがするので許してあげたいのですが、そういう方にお目にかかったことはないです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ