この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

41

heim

万が一が何度も発生する人生とか嫌すぎる。
__
閲覧・オススメ・お気に入り・コメントありがとうございます!
のんびり進めてます。っていうかまだ入国すらしてないという。一応、他の話を知らない方もわかるようにと思うと、話が長くなってしまうみたいです。
前回の名前が出てない従者の彼に関しては、前話のコメントの方にちょこっと入れました。研究者気質故に時々暴走してる模様です。アミルも嫌ってるわけじゃないんですが、話の長い近所のおばちゃん的立ち位置の模様。用がなければなんとなく避ける感じ。おそらくアミルは無意識です。
そしてこの話でアミルが敢えて言ってないのは、ケルさんが人間の姿もできるという事実。この世界の魔族は、固定の姿というのはなく個々が適当に好きな姿をしており、自在に変えられます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ