この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

44

はーこ

ご愛読ありがとうございます!
 
オール紅くんサイドでお送りしました。紅くんの悩みを真知くんが聞いてあげる形となって、なんだかお兄ちゃんと弟みたいだなぁと思ったりしました。年齢的にもそうですね。
 
軽口を叩き合う関係って好きなんですが、たまはなの作風的に、ちょっとお高めの語彙レベルで台詞を展開しなければならないので、軽口が全然軽口じゃないです。作者には重いぜ……
 
それはともかく、色々とすごい展開になってきました。ひとまず神覚醒しちゃった穂花ちゃんはニニギ様ではなくて穂花ちゃんだったわけですが、なにやら蒼が事を起こそうとしているようです。
 
警戒するサクヤと、状況が信じられない紅くん。作者としても早く続きをお届けしたいところではありますが、今日のところはこの辺で。
 
次回もお楽しみに。それでは、はーこでしたm(_ _)m!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?