この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

5

蟻目柊司

今回でプロローグは終わりです。
次回より二十年後に時代が移り、言わば本篇に入るようなかたちとなります。
この物語の主人公をやっと出します。タイトルに映写技師とつけながら誰ひとり映写技師が出てこない、そんな詐欺的状況から脱するわけです。ちゃんと二回騙されるのか数えてやって下さいませ。
では、今後ともよろしくどうぞ〜

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ