この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

4

蟻目柊司

瓶の栓を歯で抜くの、僕は結構やってました。
学生の頃、小瓶で売ってるビールを買って公園についたとき、栓抜きがないことに気づいて試してみたら、意外にスポンと抜けたんです。
コツは、ちゃんと奥歯を栓に当てることですね。
八重歯のあたりとかでやると痛いだけで力が入りません。
ただ、スポンと抜けるときはいいんですけど、ちょっと失敗してガリっと歯が削れた感じになった時、なんとも取り返しのつかない過ちを犯したような、ゾッとする気分になるのでご注意あれ。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ