この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

蟻目柊司

十九での頃に車の免許は取りましたが、それ以来ずっとペーパードライバーです。
買い物は徒歩で間に合うし、出掛けるなら電車だし、仕事に使うわけでもないし、、、
ほぼ運転したことがない僕の財布の中で、ゴールド免許が輝いてます。
免許ぐらい取っとかなきゃなぁと思って、バイト代はたいて教習に通っていた十代の頃の自分に言いたい。
「俺の場合、TS◯TAYAの会員になる時くらいしか免許役立たないぞー。ちょっと高級な時計でも買っとけー」って。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ