この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

plum

初めまして。
読んで頂いてありがとうございます。
アイデアの発端は、『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』のパロディができないかと考えたことです。
倒叙モノのパターンとして、犯人はいつも刑事にしつこくつきまとわれるものですが、もしも刑事が単に犯人に恋をしているだけだったとしたら、犯人の女性は刑事に犯罪を気づかれていると勘違いして、挙句の果てに自白してしまうかもしれない……。
それを犯人側から書けばサスペンスになり、刑事側から書けば恋愛小説になる。二つのジャンルが交錯した時どんなものが生まれるか……〈新世代ミステリー賞〉投稿作です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ