この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

世良喜一

 ちょっと勢いで書きすぎました。こんばんは、喜一です。
 私事で申し訳ないのですが、慣れない短編の連日の執筆で疲れてしまいまして、今回の分量は少なめなものになっております。とはいえ、ずっと同じ分量で書いていてもリズムが損なわれるので、私としては何回か今回のような短めなものを挟んでいきたいと思っています。短すぎて駄目ということであれば、前後の話を繋げたり、同日に二つ上げたり、といった処置をとる気でいます。出来ればこのままがいいんですが、どっちがいいんでしょうかね? 

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ