この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

49

朝貴

更新が遅れましてすみません。本日も閲覧くださり、ありがとうございます。
斎がグーパンして遥が気を失ってから、時間的には三十分くらいでしょうか。
短い間に、随分長い時を過ごしました。
私の考えとして、前世からの繋がりだけで現代の何もかもが決定付けられるのは好みません。
彼らは彼らとして生きて、あらゆるものを選択しています。
でもどうしても切っても切り離せない何かはあって、そういうものを運命と呼ぶのだと思います。
「運命だけど、運命だけじゃない。」という言葉に、端的に意味を込めてみました。
皆様の応援のお蔭で、次で最終話となります。
最後までお楽しみ頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ