この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

132

小春史斗

 わかってる(ただし内緒にするとは言っていない)
 
 はい、斯くも見事に布勢くんの足長計画は瓦解しました。
 望月さんは嘘は言っていませんので、布勢くんの確認不足です。
(とは言え確認したとしても、結局は翻弄される運命なのですが)
 
 皆様も契約をする際はちゃんと確認しましょう。
 口約束も法的に有効です。迂闊な判断は身を滅ぼします。
 
 さて、この物語も遂に終盤となりました。
 引き続き二人の行く末を見守って頂ければと思います。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ