この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

366

朝貴

休日が終わってしまいますねー。今回の休みは急に京懐石が食べたくなり、ふらり小旅行に出掛けました。鱧が…ああ美味しかった。真夏日の如く三十度超えを叩き出しておりましたが。
さて、今回も閲覧くださりありがとうございます。そして多大なる応援を賜っているようで…有難いことでございます。今話は少しだけ重ために。「それなりに幸せだけど、それだけの幸せだ」に、瑞希という人物の現在を込めてみました。思うんですけど、何でこの二人夫婦じゃないんですかね?←
そして、そろそろ『三十路』を連呼して、不快に思われる方がいるのではないかという心配が…。決して侮った意味では使っておりません。むしろリスペクトしています。ご理解頂けると幸いです。
では引き続き、応援頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ