この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

7

ゆうま

閲覧ありがとうございます。
永瀬が現代文の物語が苦手な理由は「登場人物の気持ちにつながることが全て書かれているため、登場人物を文字としてしか認識出来ない」からです。
僕は逆に「誰かが理由があって意図的に書いた文字としてしか認識しない」ので現代文は得意です。それに、書いた人と問題を作る人は違いますから「問題を作った人は作者になんと思っていてほしいと思っているのか」を考えるのが好きです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ