BEST 新サイレントメモリーズ

白馬優

♡ 0

第1話から読む

彼女と僕はまるで運命のようにつながっていた。
けれど彼女自身も知らないうちに原因不明の病に冒されて
しまい。学校からある日忽然姿を消してしまった。
「美空!」大声で僕は叫んだ。すると。「建部くん?」
と返事をしてくれた。その日もまた晴天の青空で、彼女は
病院の屋上で僕のことを待っていた。けれど彼女は