この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3

けんちゃん

小説を書いて分かったことがある。面白い小説の続きが読みたくなると「作者速く書けよ」と思うだろう。でも実際に、書いてみると1巻も書ける人が凄いということに気が付くから。だから早く書けよとか言わないでね。
追記 ここからすべてが始まります。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ