この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

ぱりにゃん

人が一生のうちにつける嘘には、実は制限がある。
 
500回。
 
多いようで、どんな小さな嘘でもカウントされてしまうのだから意外と少ない。
 
そして、私、恒常真(つねづね まこと)は今までに人が嘘をついた回数を見ることが出来る。
 
頭の上に、人それぞれ異なる数字が浮かんで見えるのだ。
 
と言っても、この能力はほとんど意味がない。何故なら、高校三年生である私の周りには、ほとんど全員の頭に500という数字しか浮かんでいないからだ。
 
例外は、たったの二人。私自身と、一宮裕也という少年だ。
 
彼の頭には、いつも0という数字が浮かんでいる。つまり、生まれてこの方嘘をついたことがないということだ。
 
だからこれは。この高校で嘘をつけるたった二人の、疑い合いの変わった青春ストーリー。
 
「いやいや。僕と恒常さんの間に青春なんて関係は微塵もないと思うけど」
 
……あ、数字が1になった。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ