BEST hand

汐田潤

♡ 8

第1話から読む

私の思い出の中の男の子。
不思議で不可解な男の子。
彼は
ただ、私に自分の手を差し出し続けた。