この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

2

涼風ハル

……想像以上に字数制限がきつくて泣きそうな涼風ハルです。
元々、一話5000文字程度で作っていましたのでどうしても分割になってしまいます。しかも中途半端に区切られてしまうので、文字を減らしたり増やしたりとなかなか大変な作業になってきました……
~ちょっとした裏話~
彩七たんの口癖、「ほにー」ですが、実は宮城県の方言の「あんやほに」が由来です。
その「あんやほに」の意味ですが、「なんてこった!、まったくもう!」らしいです。
(ちなみに“らしい”と表現する涼風は、生まれも育ちも宮城なのですが、実はこの方言を今まで聞いたコトも使ったコトもなくて、調べて初めて知ったのはここだけの秘密です)
彩七たんは中学二年生の頃に自身のキャラを際立たせるべく、積極的に「あんやほに」を使おうとしていたけれども、やっぱ使いにくいよ、という事で今では省略して「ほにー」へ変わったのだとか。たまに使い方間違うのもご愛嬌。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ