この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

kiiにゃん

さて、今回は2部作となっております!
ラストに繋げる為にもこの話も結構必須なのですねぇ〜
うん、今回は嘘を付くことは少ないです。
はい。でも、最初からお気づきかも知れませんが
主人公の嘘だけが全てじゃないですね。
そう、主人公が指した相手も嘘を隠し味にしてたりしてなかったり。
彼らの嘘の隠し味はいつか混じり合い
複雑な味になる
なら
いっそ……
ふふふっ、まぁ今回はこれぐらいで。
読んでいただきありがとうございます┏○ペコッ

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ